美白化粧品で肌荒れする?

美白化粧品 肌荒れ

一般的に美白化粧品は他の化粧品に比べるとやや刺激が強いと言われています。
とくにハイドロキノンという成分は、美白効果が高い成分として人気があり、多くの美白化粧品で使用されているのですが、美白効果が高い分、刺激も強い成分だと言われています。
ハイドロキノンという成分の配合率が高ければ当然美白効果も高くはなるのですが、その分刺激を感じやすくなったり、中には赤みが出るなどの肌トラブルを引き起こしてしまうことが多いと言われています。
ハイドロキノンの濃度は1%程度から、多いものですと10%も配合されているものがあるそうです。
もし、肌が弱い人であれば、10%も配合されている美白化粧品を使用すれば、肌荒れを引き起こしやすくなります。
今まで一度も使ったことがないという人であれば、2%以下のものを選ぶといいそうです。
ハイドロキノンという成分は実は酸化しやすく、その酸化が肌トラブルの原因でもあるそうです。
最近では、この酸化をしにくくした安定型ハイドロキノンという新型のものが出てきているそうですので、成分名に「安定型」「新型」「新安定型」などと表示されているものを利用してみると、肌荒れの心配も少なくなるそうです。


アダルトライブチャット